日本科学未来館 “おや?”っこひろば

~こどもたちの「?」を育む~
解答のない問題に答えを見つけねばならない時代。こどもたちが、科学的な疑問や好奇心を、遊びながら育める空間をデザインしました。転がしたり転がったりできる坂、曲面に絵を描ける部屋、ものを積んでつなげてくっつけられる壁、描いた絵をスキャンして動かせるモニター。それぞれのアクティビティにこどもたちが集中しつつも、互いの遊びが連動するよう、大らかな円弧の壁でコーナーを仕切りました。まるでお母さんの両腕に包まれているようなまあるい空間の中で、こどもたちは見て、感じて、試して、考えて、創意工夫を育んでゆきます。
日本科学未来館 “おや?”っこひろば 総合監修:塩瀬隆之、西田佳史、倉田新 設計監修:乃村工藝社 空間デザイン:遠藤幹子、中原崇志 2014年6月展示公開 >>PDF
shuffle