ザンビアのマタニティハウス

zambia1zambia10zambia9zambia6zambia4zambia2zambia3photo(c) Osamu Kurihara

Maternity House in Zambia
- recycled containers & painting workshop with 100 people
of the village -

International cooperation project
with NGO JOICFP
recycled containers, wood,
leaf-stamp paintings, etc.
Fieale Rural Health Center, Zambia
2011

This is the International cooperation project with NGO JOICFP.
Today maternity morality are 1000/day in the world and 99% are happen in developing countries. In rural area in Zambia, a country of southwest Africa, we made a facility where wemen stay for several days before delivery and get safe maternity services.
For chap and rapid construction, the house is made of recycled containers used for supplies transportation, and covered by big roof which make it looks like warm house. We had a big workshop with 100 people from the village, made leaf-stamps and draw 100 names of the Japanese donners, in order to dress up this house beutifully and also make it familiar to the community.

ザンビアのタマニティハウス
- 再生コンテナと100人の地域住民との ペインティング・ワークショップ -

NGOジョイセフとの国際協力計画
リサイクルコンテナ、木材、
葉っぱ版画ペインティング etc.
フィワーレ保健センター、ザンビア
2011年

NGOジョイセフとの国際協力プロジェクト。 世界では一日に1000人の女性が妊娠出産が原因で亡くなっていてその99%が途上国で起きています。その一つアフリカ南西部のザンビアの農村地域に、産前から滞在して安全なサービスを受けられる施設を建設しました。
出資はユニクロなどの企業や個人寄付。安く迅速に建てるため支援物資を輸送したコンテナを再利用し、大きな屋根をかけて温かいハウスをデザインしました。完成後も親しみを持って利用してもらえるように、地域住民100人を集めたワークショップを行い、葉っぱのスタンプと日本人ドナー100人の名前を描き、コンテナを美しく彩りました。

Link->
documentary movie 11min.
documentary movie 33min.
documentary movie 14min. in English
report on JOICFP HP

shuffle