東京建築士会 これからの建築士賞 受賞

awarded

遠藤のザンビアのマタニティハウスの取り組みが、「これからの建築士賞」を受賞しました。東京建築士会が今年から始めた新しい賞で、設計という領域に留まらず、豊かな社会基盤を作るため、広く影響力のある活動を行う建築家を評価するものです。

Mikiko Endo’s “Maternity Waiting House in Zambia” was awarded “Innovative Architects for the Future” from Tokyo Society of Architects and Building Engineers. This prize, started this year, is given for the Architects who contribute to build a better society by extending their architectural skills into various fields.

shuffle