巣づくりプロジェクト 5

camo-cafeのあるにしすがも創造舎の巣づくりプロジェクト、
21日からは骨組みづくりがはじまりました。棟梁の鎌上さんと、officemikikoスタッフ、そして学生ボランティアさんで作業をすすめます。

suzukuri5_01
まずはヒノキの間伐材、タイコ落としにしていたものを四角く切り出します。
suzukuri5_02
現場での丸鋸作業、矩(かね)を出すのはなかなか難しいものです。
suzukuri5_04
骨の足下はデッキの下までのばして地面に固定します。
suzukuri5_08
あとは足場を組んで、骨組みを組み立ててゆきます。
suzukuri5_09
だんだん骨組みができてきました。
木は、山でもともと立っていた上下の向きで組むそうです。なるほど〜..建築家なのに知らなかったことがたくさん。お恥ずかしい限りです。
山から切り出したヒノキの木は、こうやってみんなの手がたくさん加わって、ようやくカモのフォリーになってゆきます。これまでは「一本いくらの材料」としか見えていなかった木材も、一度体験してみると「自分たちで育てた大切なもの」と思えるから不思議です。値段は、人の手間に対して「ありがとう」という気持で支払うものですよね。このプロジェクトは費用は少なくても、たくさんの方の参加と協力で成り立っています。本当にみなさんありがとう。とても豊かな気持になります。
先日、音楽関係の方と話をした際、最近はCDはあまり売れないけれどライブはとても人気があると聞きました。情報はいくらでもあるけれど、もっと「ナマ」の体験をみんな欲しがっているみたいです。大学などでこのプロジェクトの話をすると「そんな授業があったらいいのに〜」と、みんな興味津々です。
私も学生の頃、木材の知識をあれこれ習いましたが、こうやって山から切り出して実際に体験してみると、教科書で説明されていた言葉や図のすべてのおおもとのしくみが「瞬間にわかった!」という感じがありました。
この巣づくりプロジェクト、参加した方々のそういう楽しさが重なって、みんなの場所が育まれていっています。あと1週間頑張ります、お楽しみに。
shuffle