巣づくりプロジェクト 3

camo-cafeのあるにしすがも創造舎の巣づくりプロジェクト、
7月18日は、間伐材の『皮むき』ワークショップをしました。
IMG_3619
これが飯能の山から間伐してホヤホヤのヒノキ。まずは先生のお手本から、ノコギリで切り込みを入れたら、竹のヘラで皮をむいてゆきます。
suzukuri3_06
簡単そうに見えたけど..やってみると、意外に力が必要です。
suzukuri3_03
ヘラをぐいぐいと皮の下に食い込ませてはがします。コツをつかむまでが難しい。
suzukuri3_04
力かげんも大切です。皮が破けないように、そーっとむいてゆきます。
suzukuri3_07
節のところは固いので、テコの原理で、小刻みにクイックイッとはがします。
suzukuri3_10suzukuri3_11
パカっときれいにはがせた瞬間が最高!
suzukuri3_09suzukuri3_15
suzukuri3_13suzukuri3_16
みんな上手にはがせました。裏は肌色です。
suzukuri3_17
とれた皮は、放っておくとクルクル丸まった形に乾燥して固まってしまいます。
はがしたらすぐに重しをのせて、平らに積んでおきます。
suzukuri3_18
木肌は白くてツルッツル、水分でしっとり濡れています。
ヒノキのいい香りがして、いつまでもスリスリと触っていたくなる触感。
suzukuri3_19
黒いポチポチは切られた枝の節たち。芯がいっぱいつまっています。
suzukuri3_20suzukuri3_23suzukuri3_21suzukuri3_22
幹の断面を見ると、幹の中心から芯が枝分かれしてゆくのがわかります。
suzukuri3_25
枝も何かに使えそう。ちょっとおみやげを作ってみました。
suzukuri3_26
短く切って皮をむき、ナイフで箸置きやキーホルダーを作ります。
お風呂に入れてもいい入浴剤になります。
suzukuri3_27
おさるのキーホルダーはカフェの渋谷さん作。
suzukuri3_24
とっても充実した3時間でした。木の皮をむくなんて、みなさんはじめてだったと思います。ふつうの工作とはちがって、手先だけではなく、香りや音を楽しみながら五感で作業する感じ、脳にとってもよい刺激をもらいました。
気づくと、取材に来られた雑誌社の方やカフェの店長さんも加わっていました。みなさん暑いなか、どうもありがとうございました。
むいた幹はこれから製材してカモの骨組みに、皮は乾燥させて屋根葺きの材料になります。明日はデッキの塗装もやります、お楽しみに。
shuffle