いま、アフリカでは..

<ジョイセフHPから抜粋>

joicep_intro1
いま、アフリカ南部地域では、妊婦さんの5人に1人以上がエイズウイルスに感染しているという状況が続いています。エイズウイルスに感染しているお母さんから生まれる赤ちゃんの3人に1人は感染してしまいます。
働き盛りの年齢層がエイズでたくさん亡くなっていくことは、子どもが孤児として残されるだけでなく、社会保障の負担増、貧困の増大、国家の存続にまでかかわる重大な影響を意味します。ですから、まず検査を受け、自分がエイズウイルスに感染しているかどうかを知っておくことは自分のためにも周りの人のためにも重要です。自分が陽性だと分かった場合は、健康状態が悪くならないように生活を整えたり、きちんとケアする方法を知ることが大切になります。また、必要な時に必要なお薬を処方してもらう必要もでてきます。自分の子どもやパートナーに感染させないように行動することもできます。もし自分が陰性だと分かったら、今後も陰性のままでいるために感染を予防していく意欲も高まるでしょう。
でも、エイズへの差別や偏見は未だに根強く、検査を受けるのにも大変な勇気が必要です。
そんななかで、すべてのお母さんがエイズを心配することなく赤ちゃんを産めるように、ジョイセフはまずアフリカ地域でのエイズ対策を強化しています。その活動を支えるためのSAVE MOTHER from AIDS (セイブ  マザー  フロム  エイズ) キャンペーンを始めました。
ヤギさんプロジェクト
この “SAVE MOTHER from AIDS” キャンペーンの一貫として、ジョイセフは2007年からHIV陽性の女性たちの自立支援活動として「ヤギさんプロジェクト」を始めました。これは、HIV陽性の女性にヤギのつがい(オス1匹、メス1匹)をプレゼントするもので、彼女たちがヤギを育て、増やして、売って収入を得られるようになることで、彼女たちが前向きに生きるためのサポートをするというものです。
joicep_intro_yagi2 joicep_intro_yagi
(C)Reiko Imanishi
2008年11月までに、ザンビアのマサイティ郡をはじめとし、23人のHIV陽性の女性にヤギのつがいがプレゼントされましたが、まだまだたくさんの人がヤギを必要としています。office mikiko では、よりたくさんのヤギをアフリカで待っているお友だちにプレゼントできるように、アートワークショップ「ヤギさんワークショップ」を始めました。
shuffle